収納を楽しむトランクルームの活用術をお教えします。一言に収納と言ってもいろいろな使い方がありますよ。

大型ロッカーの役割

仕事の都合で泊まり込みになることが多い人の場合、
複数日分の着替えや洗顔道具一式を会社のロッカーに入れておくことには
問題があると考えている人も多いのではないでしょうか。
生活環境によっては、通勤に片道数時間を要すという人もいるでしょうから、
往復にかかる時間を考えると「ちょっと着替えに帰る」などと気軽に告げることはおろか、
そんな時間も取れないというのが現実でしょう。

開発などに携わる人の中には、今までの経験から事前に数日分の下着などを購入し、
泊まり込みに突入するという人もいるようですが、
長くなればそうした出費も荷物の量もバカにならないことから、
身近な場所にストックできる場所を確保することがお勧めです。
そこでご紹介したいのが、「トランクルーム」なのです。

トランクルームという言葉を耳にしたことがあると言う人は多いようですが、
「不要な家具を一時的に預ける場所」というイメージを持っている人が多く、
「手軽に出し入れできる大型のコインロッカー」という感覚はまだ浸透していないようです。
ですが、使い方を覚えてしまえば、これほど便利なスペースはありません。
近年は、ロッカー代わりとして借りる人も増えていることから、
駅周辺などの、交通の便が良い場所にもできているので、
「会社のロッカーだけでは賄えない」「泊まり込みが多く出費がかさんで困っている」
という人は、会社の周辺にトランクルームがないか一度調べてみることがお勧めです。

トランクルームにはさまざまなタイプの部屋が用意されていますが、
クローゼット代わりに使用するのであれば半畳サイズで十分でしょう。
また、施設によっては湿度管理などもしっかりできるので、
衣類が湿ってしまったりカビを心配したりする必要もありません。
保管した衣類は、常に清潔な状態が保たれるのです。
職場が用意してくれたロッカーでは使い勝手が悪いと感じているケースや、
天候不順でスーツを汚してしまった時のためのクロークとしても応用できるので、
通勤に時間がかかる人や仕事の変更が度々入る人などにとって、
トランクルームは強い味方になってくれることと思います。

終日出入りが可能なところも多く、セキュリティもしっかりしていることから
コインロッカーより遥かに安全で安心だということが言えますし、
コストパフォーマンスの面からも利用価値は高いと言うことができます。
限りある休憩時間のうちに、気軽に着替えができたり身なりを整えるたりできる場所がある
というのは、ハードワークを抱えている人にとっては朗報ではないでしょうか。